【ゼファルリン】は効果無し!嘘の口コミに要注意!

【ゼファルリン】は効果無し!嘘の口コミに要注意!

ゼファルリンってどんなペニス増大サプリ?

ゼファルリンは2ちゃんねるや口コミ評価で度々名前を目にするペニス増大サプリです。インターネットの広告もかなり多く出しており、ペニス増大サプリの評価サイトの評判もなかなか良いようです。

実は私はゼファルリンを2014年に購入し、実際に2か月間飲み続けた経験があります。

しかし、当時はこうしてペニス増大サプリに関するサイトを運営するとは思わなかったものです。

ですから細かい変化の記録等は残していませんが、口コミの代わりくらいにはなると思います。

今回は私が体験したゼファルリンについても触れながら、成分や効能、効果についてずばり評価をしていきたいと思います。

結論。ゼファルリンの評価。

ゼファルリンは特に評価の高い点が無い残念な結果となりました。

ゼファルリンは有名なペニス増大サプリだけに、この評価を見て納得の出来ない方もいると思います。

そういった観点から今回はかなり掘り下げて評価していきますので、気になる方は最後までお付き合い頂けると幸いです。

きっと、ゼファルリンがどうして評価の低いペニス増大サプリなのかがわかって頂けるかと思います。

 

それでは項目別評価の詳細を記載していきましょう。

項目別評価の解説

【増大効果】

ゼファルリンはL-シトルリンを中心に配合したペニス増大サプリです。しかしながら、その成分量は公開されておらず、どの程度のL-シトルリンが含まれているかは不明です。(含まれる最大の成分量については後ほど評価していますので参考にしてみて下さい)

また、成分についてもL-シトルリン+トリプトファンの組み合わせという点のみが売りであり、最近のペニス増大サプリからすると、大きな特徴も無く物足りないですね。

その他の成分量も不明の為、口コミを参考にするしかありません。

しかし、残念ながらペニス増大サプリの口コミは自演やアフィリエイターの情報操作が多い為、鵜呑みにするのは大変危険です。

また私は過去に実際に飲んだのではっきりと書きます。1日カプセルタイプと錠剤タイプを2錠ずつ、4錠のみ続けていましたが、2ヶ月のみ続けても全くペニス増大効果は得られませんでした。

期待していたのに効果を得ることが出来なくて、本当に悔しかったのを今でも覚えています。

このような個人体験を抜きにしても、当サイトでは成分量と成分の種類から判断しています。

故に、ゼファルリンの増大効果については成分量不明(後ほど紹介する最大成分量がそもそも少ない)為、1点としています。

【勃起力】

こちらも成分量が公開されておらず、実力がわかりません。私の2ヶ月のみ続けた体験談でお話しますと、正直変化をハッキリと感じることができませんでした。

当時、元々立ちやすく、ペニスの大きさ以外に不満はありませんでしたのでこのように感じたのかもしれませんが効果を感じられなかった点と、成分量が不明で評価が出来ない点からゼファルリンの勃起力を1点としています。

【健康効果】

ゼファルリンは約60種類の成分を配合しています。健康効果のある成分も多く配合されている為、ある程度の健康効果は期待ができます。

私は朝非常に寝起きが悪かったのですが、ゼファルリンを飲んで1ヶ月程すると同じ睡眠時間でも朝の目覚めが明らかに良くなりました。

しかし、その他の効能については残念ながら体感することができませんでした。当時はそんなにストレスや健康に悩みがあった訳でも無いので、感じにくかったのかもしれません。

成分量が不明な為、健康効果もはっきりとした評価ができません。

しかし実際に飲んでみて朝の目覚めが良くなったという点は効果がありましたので、ゼファルリンの健康効果を3点としています。

【信頼度】

ゼファルリンは特に信頼度に加点されるような特徴がありません。国内生産の記載がありますが、最近は日本で販売されている製品のほとんどが国内生産なので長所とはいえません。

また、お客様第一主義といった記載が公式HPにありますが、一体何がお客様第一主義なのかと感じます。

本当にお客様第一主義をうたうのであれば、効果が無かった場合の返金保証くらいしてほしいものです。

私は効果が得られず2ヶ月分の購入費用をドブに捨てましたからね。

ゼファルリンは他のペニス増大サプリと比較して広告は控えめですので好感が持てますが、だからといってお客様第一主義だ!とはなりませんね。

例えば成分公開、そして第三者評価やGMPやモンドセレクションなどの品質認定を受けていれば、ユーザーのことを考えているのかな?と販売側の努力を感じることもできます。

しかし、ゼファルリンはこれらひとつも該当しないんですよね。

そういった理由から客観的にお客様第一主義という言葉の信憑性は無いと判断します。

唯一の信頼に繋がる点といえば販売期間が7年以上と長いという点でしょうか。

これらの理由から、ゼファルリンの信頼度を2点としています。

【コスパ】

ゼファルリンは1箱30日分で13,800円と他のペニス増大サプリと比較して価格がかなり高いです。

60日分の2箱で23,800円となりますが、2箱買うと1箱無料でついてきますので、2箱購入時には実質1箱7,933円とかなりコスト面で安価となります。

しかしながら返金保証の無いペニス増大サプリに2万円以上支払い、3か月分購入するというのは勇気がいります。

良く、成果報酬欲しさにまとめ買いばかり推奨するサイトがありますが、当サイトでは個人差の出やすいペニス増大サプリは1箱での購入を推奨しています。

これらの理由からゼファルリンのコスパを2点としています。

ゼファルリンの評価できる点

ゼファルリンの良い点

 

ゼファルリンの評価できる点は、過大広告が少ない点と販売実績が長い2点のみです。

①過大広告が少ない

ペニス増大サプリは業界の特徴なのかギトギト、ギラギラした派手なサイトが非常に多いです。

ゼファルリンはその中でかなりアッサリとした公式HPになっています。健康志向のサプリメントっぽいHPに仕上がっている為、(私は過大広告ばかり見てきたのでw)交換が持てますね。

②販売実績が長い

ゼファルリンは販売実績の長いペニス増大サプリです。2011年に発売し、既に7年以上が経過という非常に長い販売実績をもっています。

販売実績が長いということは、一定数のユーザーを獲得しているという事、重大な品質問題や健康問題が起きていなく販売を続けることが出来ている事、の2点で評価できます。

ただしお客様第一主義をうたうのであれば、何度か成分追加やバージョンアップ等をしていても良いのかなと思います。ゼファルリンには残念ながらそういった情報を見つけることができませんでしたので、発売から変わらない状態のまま販売されているとみて間違いなさそうです。

ゼファルリンの悪い点、気になる点

A:品質認定を受けていない

ゼファルリンは品質管理の徹底された国内工場で製造されていると公式HPに記載がありますが、これを裏付ける認定の記載がありません。

品質について言及するのであれば、モンドセレクションやGMP認定など、アピールできる要素が欲しかったですね。

B:成分量の公開がされていない

残念ですが、ゼファルリンには成分量が公開されていませんので、どの成分がどれだけ入っているかという点はわかりません。

しかし、有名なゼファルリンにどれだけの成分が含まれているのかという点は皆さまも大変気になる点なのではないかと思います。

次の項で、ゼファルリンの成分量を公開されている情報から徹底的に調査をしてみますので、気になる方は是非見てみて下さいね。

C:特にこれといった成分の特徴が無い

ゼファルリンはL-シトルリンとL-トリプトファンを配合したペニス増大サプリです。

これらの成分のメカニズムとしては、L-シトルリンで血管を拡張、血流を良くしてペニス勃起時の膨張率を高めるという点と、L-トリプトファンで男性ホルモンの分泌を促進し、勃起しやすくする、つまり勃起させることで拡張したペニスの血管により多くの血液を流し込むという効果ですね。

ペニス増大サプリとしては王道の狙いですが、これはもはや近年のペニス増大サプリでは当たり前ですし、ほぼ全てのペニス増大サプリがこのメカニズムを狙っています。

ここで大切になるのが成分量なのですが、下記の成分量徹底調査の項目で載せますが、L-シトルリンが残念なことになっています。

他にも特筆すべき成分があればまだ良いのですが、ゼファルリンには特に他のペニス増大サプリに無い成分は配合されていません。

D:返金保証が無い

返金保証が無い点もゼファルリンのマイナスポイントです。

最近のペニス増大サプリでは返金保証があるものが多いので、初めて購入する方は返金保証のある他のペニス増大サプリを選んだ方が単純にリスク低減の点からおすすめですね。

徹底調査!ゼファルリンの成分量を公開!!

さて、公開というと少し大げさですが、ゼファルリンの錠剤、カプセルの合計配合量と、食品表示法の観点から最大の成分量を計算することが可能です。

ここではゼファルリンで最も注目すべき成分である「L-シトルリン」と「L-トリプトファン」の2種類の成分がどの程度入っているのかを検証してみましょう。

まず、ゼファルリンはカプセルと錠剤の2-TYPEを摂取していくペニス増大サプリです。

錠剤は1錠当たり300mgが、カプセルは324mgが配合されています。これはパッケージに記載されていますね。推奨摂取量は1日それぞれ2粒ずつなので錠剤600mg、カプセル648mgで合計1,248mgの成分を1日に摂取するということになりますね。

次にそれぞれに含まれている成分です。ここで食品表示法が役に立ちます!

食品表示法で「成分は量の多い順に記載をしなくてはいけない」と定められていますので、特に注目すべき成分であるL-シトルリンとL-トリプトファンについて何番目に記載があるか見てみましょう。

すると、錠剤は【セルロース、ステアリン酸Ca、L-トリプトファン、・・・】とL-トリプトファンは3番目に位置していますね。一方カプセルは【デキストリン、ゼラチン、L-シトルリン】とこちらも3番目に書かれています。

ここで注目したいのが「L-シトルリンとL-トリプトファンは成分の多い順に3番目」という事実です。故に、この順番と成分の合計量から考えられるMAX配合量が確定します。

なぜかというと、例えば錠剤だと仮にL-トリプトファンを100mgと仮定してみましょう。すると、成分量の順番を守る為には、錠剤で1番目のセルロースと2番目のステアリン酸Caも100mg以上配合されてなくてはいけないですよね。

これだけで錠剤合計成分量の300mgを超えしまうので、つまりL-トリプトファンは100mg未満であるということが確定します。カプセルは324mgでL-シトルリンは3番目の記載ですので、同じ理論でいうと108mg未満ということが確定します。

そして1日あたり、それぞれ2粒を飲みますので、ゼファルリンの1日の摂取量(最大と仮定)は下記になります。

■L-シトルリンは「1日あたりの摂取量216mg」

■L-トリプトファンは「1日あたりの摂取量は200mg」

※錠剤、カプセルに該当成分が最大に配合されていると仮定

さて、いかがでしょうか。L-トリプトファンは十分ですが、ペニスを大きくする為に必須の成分であるL-シトルリンが216mgというのは、仮定を抜きにしても他のペニス増大サプリと比較してかなり少ないです。

しかも錠剤の成分数は29種類、カプセルは30種類ですので4番目以降に記載されている成分を考慮すると、実際の配合量はもっと少ないでしょう。

残念ながら最大摂取量と仮定しても上記の成分量なので、他のペニス増大サプリと比較してゼファルリンはペニス増大に十分な成分が配合されているとはいえませんね。

まとめ

ゼファルリンは7年以上前に発売された販売実績のあるペニス増大サプリですが、成分や返金保証、価格、品質の面で特筆すべき特徴が無く、むしろマイナス評価の方が多いです。

はっきりいってゼファルリンは現在発売されているペニス増大サプリの中では期待度の低い、時代遅れ感のあるペニス増大サプリです。

それでもネット上で注目されているのは、単純に歴史が古いという点と、ネット広告やアフィリエイターが非常に多く、目にする機会が多いという点に他ならないと考えます。

そして私自身が実体験でペニスを大きく出来なかったという点からもおすすめできるペニス増大サプリではありません。

広告やアフィリエイターの情報に惑わされることなく、客観的に評価をすればゼファルリンが購入するべきペニス増大サプリかどうかという点がわかると思います。

それでもゼファルリンを使ってみたい!という方は下記に公式HPのリンクを張っておきますので、公式HPを参考にいただければと思います。

 

その他のペニス増大サプリの評価記事一覧は ⇒ ペニス増大サプリ徹底評価リスト

徹底評価から選んだペニス増大サプリベスト3は ⇒ 最も効果の期待できるペニス増大サプリ3選

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 増大サプリデータベース

増大サプリ評価カテゴリの最新記事