論文で効果が証明された牽引式ペニス増大法とは!?

論文で効果が証明された牽引式ペニス増大法とは!?

論文で効果が証明された増大方法が世の中に存在した!

ペニス増大の論文発見!ペニスを大きくすることに成功した研究結果とは?な画像

「ペニスを大きくする、増大させる」というテーマに関して、はあまり研究の進んでいない分野ということもあり効果の有無に関しての研究や論文がほとんど発表されていません。

これは残念ながら当サイトで専門でやっているペニス増大サプリに関してもいえることであり、今後の研究や論文の発表を期待するばかりです。

尚、この点についてはペニス増大サプリはそもそも本当に効果があるのか?という記事を過去に紹介していますので、こちらを参考にしてみて下さい。

そもそも「ペニスを大きくする」というテーマに真剣に向き合える学者や医者がどれだけいるのでしょうか。

ペニスに対するコンプレックスはかなり多くの人が持っているにも関わらず、そういった研究が積極的に行われていないのは非常に残念なことです。

ですが、例えば私が娘に仕事の話をするのであれば

「パパはおちんちんを大きくする研究をしているんだよ!」よりも

「パパは風邪の人を治すお薬の研究をしているんだよ」の方が良いに決まっていますw

少し例えが違う気がしますが、積極的に研究されないテーマであることは間違いないでしょう。

しかし!!あったんですよ。

ペニス増大に関する研究結果と論文が存在したのです!

それが、イタリアのトリノ大学の研究者による、「ペニス伸張法についての効果と安全性のまとめ」です。

内容を要約すると、「牽引式と呼ばれるペニス増大器具の使用により、ペニスの長さを長くする効果を確認した」というものです。

えっ?増大器具!?増大サプリデータベースなのに、サプリじゃないの!?

と思った方、本当にすいません。

しかしながら、このサイトを見に来てくれている方はペニス増大サプリであろうが、増大器具であろうが、とにかくペニスを大きくする方法を知りたいはず!と思いこの記事を書くことに決めました。

ということで今回は番外編として、論文で効果が実証されたペニスを大きく出来る可能性が極めて高いペニス増大器具の紹介をしていきます。

そもそもペニス増大器具ってなに?

ペニス増大サプリの効果に満足している美女

ペニス増大器具とは、ペニスに装着し何らかの処置を与えることによってペニスを大きく増大させることを目的に作られた器具のことです。

一言でいえば、「ペニスを大きくするためのトレーニング器具」ということですね。

多くのペニス増大器具が市場に出回っていますが、主に下記2つの種類に分類されます。

■ポンプ式ペニス増大器具

ペニスにビンのようなものをかぶせ、真空状態にしペニスを膨張させる器具。

主に毎日のトレーニングとして一定時間使用することを推奨している。

 

■牽引式ペニス増大器具

ペニスを引っ張った状態で器具を固定し、徐々に伸ばしていくという器具。

主に日中器具装着し、私生活を送ることを推奨している。

手術と異なり実際に人体にメスや注射をせずにペニスを大きくする方法なので、欧米やヨーロッパをはじめ非常に人気があります。

では一体どんな増大器具が実際にペニスを大きく、増大させることができるのか?

早速発表された論文を紹介していきましょう。

論文で効果が確認されたのは「牽引式増大器具」を使った方法!

まずは下記に論文を紹介している記事を紹介いたします。

尚、掲載先のAFP通信は世界第3位、世界最古の超大手メディアですので信憑性は折り紙付きです。

【4月20日 AFP】ペニスの小ささに悩む男性のためのペニス伸張法について、器具を使う方法の一部は効果が認められるものの、痛いだけで効果が全くないものもあるとする論文が今週、英国泌尿器科医師会(British Association of Urological Surgeons)の学術誌に発表された。

論文は、ペニスを伸ばすためのアドバイスをもらおうと泌尿器科を訪れる男性の数は増えつつあるが、そのうちの大半が実際には平均的な長さだと指摘する。複数の研究によると、平常時で4センチ、勃起時で7.5センチ以上あれば正常だが、論文は、身長や肥満度指数(BMI)も考慮されるべきだと主張する。

■「けん引法」が最も効果的

論文を執筆したイタリア・トリノ大(University of Turin)の研究者らは、各種のペニス伸張法について、世界各地の論文を基に効果と安全性を調べた。

関連する論文は10本あり、うち半数は外科的な手法を対象としたものだった。総合すると、ペニス伸張手術は合併症の確率が高く、危険だと言えることが分かった。

器具を使う方法としては、けん引により伸長させる方法が最も効果的なことが分かった。実験対象者は計109人で、平均で1.8センチ伸びたという研究と、平常時で2.3センチ、勃起時で1.7センチ伸びたという研究があった。

ただしこの方法は非常な忍耐を強いられる。器具の装着期間は、前者の研究では1日6時間、4か月間で、後者の研究では1日4時間、6か月間だった。

ペニスにシリンダーをかぶせて真空状態にし、ポンプで吸引するという方法もあるが、6か月間続けても効果はないことが分かった。ただし「心理的に満足感を得られた男性もいる」と報告されている。

リングを装着する方法については、ペニスを増大し、勃起を維持できる可能性を指摘する論文があったが、確認されたのはわずかに2例だった。

 ペニスが数センチ伸びるとうたわれているペニス増大エクササイズについては、効果が認められなかった。

■太くなるわけではない

なお、ペニス伸張法でペニスが伸びたと報告された例はいずれも、太さも増したわけではなかった。
またいずれの方法も、ペニスが縮小した事例はなかった。

※引用元 AFP BB NEWS 「ペニス伸張法「一部は効果的」、伊論文」より

 

この記事の内容を要約すると、ポイントは下記になります。

①ペニス増大手術は合併症の確率が高く、危険である。

牽引法の増大器具は、平均で1.8センチ長さが伸びたという研究と、平常時で2.3センチ、勃起時で1.7センチ長さが伸びたという研究があり、ペニスを大きくする効果が確認された。

③ポンプ式の増大器具は6か月装着しても効果が無かった。

④ペニス増大のトレーニング方法(どんな方法かは不明)は効果が無かった。

⑤ペニス伸縮法による方法はいずれも太くなる効果は無く、長くなるだけであった。

⑥ペニス増大サプリの研究結果は無く、効果の有無は現在不明である。

このように手術は危険、ポンプ式は効果なし、増大サプリは不明といった研究内容でありながら、牽引法によるペニス増大器具に関しては効果が実証されているだけでなく、具体的にペニスが大きくなったサイズまで記載されています。

しかし、ポンプ式増大器具、いかにも効果がありそうですが、実は効果が無かったという研究結果には驚きです。

さらにこの記事の内容が本当に信憑性のあるものか、牽引法によるペニス増大の効果に関しての論文について調査を重ねたところ、3つの論文を発見することができました。

翻訳して得られた増大効果と翻訳元の論文を掲載いたします。

いずれも大学病院など、信頼できる機関による論文です。

【イタリア】 トリノ大学による研究結果

平均増大効果:約2.0cm

装着期間:6か月(1日4時間程度装着)

論文(英文):トリノ大学研究論文

 

【中国】 上海交通大学による研究結果

平均増大効果:約2.0cm

装着期間:3か月(1日9時間装着)

論文(英文):上海交通大学研究論文

 

【ロシア】 スカンディナヴィアクリニックによる研究結果

平均増大効果:3.3cm

装着期間:6か月半(1日12時間装着)

論文(英文):スカンディナヴィアクリニック研究論文

これらの論文の内容では、いずれも装着期間は長いものの、2cm~3cmのペニス増大が実証されています。

このように牽引法増大器具は世界で医学レベルで認められたペニス増大方法であることがわかります。

次は牽引法ペニス増大器具について詳しく説明していきましょう!

どうしてペニスが大きくなる?牽引法増大器具の原理とは。

これからペニスを大きくする大事なポイントを説明していきますね!な画像

ここまで難しい内容が続いてしまい申し訳ないのですが、実は牽引法とは非常にシンプルなペニス増大方法です。

牽引法によるペニス増大方法、その方法とはずばり、ペニスを引っ張って固定。これだけです。

えっ?あれだけ難しげな論文出しておいてそれだけかよ!?と思った方もいるでしょう。

すいません、私も書いててそう思いますw

ですが、牽引法とは本当に単純で、ペニスを引っ張って固定する器具を装着し続けることで、ペニスを伸ばしていく、ということに他ならないのです。

イメージしにくい方はこの画像を見てもらえると分かりやすいと思います。

※画像引用 「首長族の画像」(2019年2月15日 (金) 02:00 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

そうなのです。

牽引法でペニスを伸ばす原理は、首長族の首を伸ばす原理と同じです。

細かくいうと、ペニスに継続的に引っ張る力を与えることで、ペニスの内部にある海綿体と海綿体の周りの白膜の細胞を増加させるという内容になります。

このように牽引法ペニス増大器具は非常にシンプルで分かりやすい原理に基づいているのです。

あなたのペニスのサイズで選ぶ!おすすめの牽引法ペニス増大器具は?

結論からいうと、信頼性が高く、最も効果が期待できる牽引法ペニス増大器具はアンドロペニスシリーズです。

アンドロペニスシリーズは、特許取得した独自の機構、3つのISO認証、22年間の泌尿器市場で販売実績と、満足した顧客100万人超えという、まさに業界でトップであり驚異的な信頼度を誇ります。

牽引式ペニス増大器具を選ぶなら、アンドロペニス一択ですね。

装着方法やどんな器具か知りたい方は下記動画を見てみて下さい。

■アンドロペニスの装着方法について(公式サイトより)

一度装着してしまえばあとは服を着て普通に過ごすだけです。

しかし、仕事中や学校でつけるのはちょっと・・・・という方は帰宅後から就寝までの間につけると良いでしょう。

装着時間が短くても大丈夫です。

毎日帰宅後から就寝前まで装着することを繰り返せば必ずペニスは大きくなっていきます。

こちらに実際に使用された方々の口コミを集計してグラフ化した記事がありますので、参考にしてみて下さい。

さて、ペニスを大きくさせるのにこれ以上ない効果を発揮するアンドロペニスですが、アンドロペニスシリーズはスペイン製のペニス増大器具である為、なかなか日本で購入することができません。

輸入販売専門店のオオサカ堂で購入が可能ですので、日々努力してペニスを大きくしたい、確実に結果を出したいという方はサイズ別に使用器具を紹介しますので、覗いてみて下さい!

口コミも多数あり、参考になります。

■勃起時のペニスが5センチ以上8センチ以下の方

商品名:アンドロペニス ミニ

販売価格:¥24,800

☆購入・詳細は下記画像をクリック!

 

■勃起時のペニスが8センチ以上の方

商品名:アンドロペニス エクステンダー

販売価格:¥14,800

☆購入・詳細は下記画像をクリック!

アンドロペニスの使用方法と注意点

おすすめペニス増大サプリのポイントはここだよの画像

アンドロペニスの使い方は上の動画の通りで簡単ですが、ペニスの形は人それぞれですので着け易い角度や位置に装着するようにしましょう。

推奨の装着時間は1日に4時間から9時間ですが、寝ている間に装着すると寝返りをした際に必要以上の負荷がかかったり、痛みを感じる際に取り外しを出来ない為、装着は起きている時間だけにしましょう!

また、無理は禁物です!

アンドロペニスは基本的に勃起時の長さ-4cmにセットするよう推奨されています。

勃起時に12cmなら、8cmということですね。

しかし我慢できない様な痛みを伴う様でしたら、-3cmにセットする等、ご自身で調整を行ってみて下さい。

効果を焦らず、無理のない範囲で装着を続けていれば確実に効果が表れてきますので、くれぐれも無理をして引っ張りすぎない様にセッティングしていきましょう!

まとめ

おすすめペニス増大サプリのペニブースト体験談の画像

ペニス増大サプリ、手術、増大器具・・・様々なペニスを大きくさせる為の方法がありますが、安全性と確実性が実証された例はほとんどありません。

その中で、牽引式ペニス増大器具は世界の信頼できる大学病院等で研究され、効果があると証明されている数少ないペニス増大方法です。

歴史が長いので口コミも多くあります。

口コミを集計してグラフ化してみた記事もありますので、こちらも参考にして下さい。

どのくらいの期間で、どのくらいペニスが大きくなったのか、客観的に結果がわかります。

牽引式ペニス増大器具であるアンドロペニスは2万円前後の初期費用のみでずっと使うことができます。

一方で6か月程の期間をかけてペニスを大きくしていく必要がありますので、即効性が低い点はデメリットですね。

しかしながら、アンドロペニスは、手術と比較し安全で、コストパフォーマンスが非常に高い為、本気でペニスを大きくしたいという方には自信を持っておすすめできる商品です。

また、勃起時のサイズアップを目指すペニス増大サプリと異なり、通常時のペニスの大きさを増大できる点も牽引式ペニス増大器具の大きなメリットです。

確実性のある増大方法を行いたい、可能な限りリスクを避けてペニスを大きくしたい、なんとしてもペニスを大きくしたいという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

■勃起時のペニスが5センチ以上8センチ以下の方:アンドロペニス ミニ

販売価格:¥24,800

 

■勃起時のペニスが8センチ以上の方:アンドロペニス エクステンダー

販売価格:¥14,800

 

ペニス増大サプリの評価記事一覧は ⇒ ペニス増大サプリ徹底評価リスト

徹底評価から選んだペニス増大サプリベスト3は ⇒ 最も効果の期待できるペニス増大サプリ3選

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 増大サプリデータベース

増大サプリのいろはカテゴリの最新記事