【グロスリンα】の効果は?詐欺要素たっぷりの危険サプリ

【グロスリンα】の効果は?詐欺要素たっぷりの危険サプリ
グロスリンαってどんなペニス増大サプリ?

グロスリンαは47か国、2,856種類ものペニス増大サプリを徹底的に調査し、最適な黄金比で成分配合をしたという言葉が印象的なペニス増大サプリです。

というか、2,856もペニス増大サプリが世の中に存在したことが驚きですよねw

47か国というと、英語圏だけでは無いので例えばスペイン製とか、インド製とか、そういった製品も分析しているということでしょうか。

もしこれが本当だとしたら、相当にグロスリンαを開発した方々は優秀なはずです。

また公式HPでは、世の中の9割が粗悪品と言い切っています。

9割というのは少し言い過ぎだと思いますが確かにペニス増大サプリには粗悪品が多いのも事実。

強気の売り文句で見ている人の心を惹きつけるグロスリンαですが、その実力は如何なものか。

今回はグロスリンαを徹底評価していきたいと思います。

結論。グロスリンαの評価。

グロスリンαの評価は低いです。というか、公式HPの売り文句と相まって詐欺サプリと言えるレベルですね。

強気な売り文句が印象的なグロスリンαですが、冷静に情報収集していくと、購入に値する商品ではありませんでした。

それでは項目別評価の詳細を記載していきましょう。

項目別評価の解説

【増大効果】

公式HPでは12年間の研究、2800を超える増大サプリの研究から判明した、本当に効果のある100種類以上もの特別に配合された成分、という謳い文句で販売されているグロスリンα。

これだけ見ると、おおすごい!となりますが実際のところどんな成分が、どのくらい入っているかは全く公開されていません。

成分にはトンカットアリやシトルリン、アルギニンも含まれている様ですが、成分未公開なので評価ができません。

そもそも、ペニス増大サプリは成分非公開とわかった時点で購入するべきでない、と考えておりますが、それでも客観的な判断を行う為に私は「成分非公開の増大サプリの信頼性」を調査します。

そして、成分非公開、かつ信頼に値しないと判断した場合、そのペニス増大サプリに期待できる増大効果は0%です。

「自社の成分配合のノウハウ流出の防止の為」というのがペニス増大サプリの生産、販売会社の成分非公開の理由となっている場合が多いのですが、本当にそうなのか。

その答えは、「成分非公開のペニス増大サプリが、信用できるかどうか」に全て委ねられます。

つまり、ノウハウ流出という言い訳をしながらデタラメな成分を配合し、販売するといったことも十分に考えられるからです。

尚、なぜグロスリンαの信頼度が低いかについては後ほど説明いたします。

この理由からグロスリンαの増大効果を1点にしています。

【勃起力】

グロスリンαは上で触れたように成分量、成分が非公開のペニス増大サプリの為、勃起力についても評価ができません。

またそもそも信頼度の低いペニス増大サプリですので、勃起力の効果を増大効果と同様に1点としています。

【健康効果】

グロスリンαは100種類もの有効成分を配合しているとのことですので、健康効果にはわずかに期待ができます。

なぜなら、100種類の成分を含むということは、それなりに健康効果のある成分(ペニス増大の成分ではないものも多量に含まれている)を含んでいる可能性が高いです。

例えば健康効果のある成分ではビタミン系や、アミノ酸系ですね。

ただし、やはり成分と成分量が非公開であることは具体的な評価ができませんので、健康効果の項目にに関しては評価を2点としています。

【信頼度】

グロスリンαは成分非公開のペニス増大サプリなので、信頼度が重要となってきます。

ここでいう信頼度とは、その名の通りペニス増大サプリを販売している業者が信頼に値するかどうかです。

もっと具体的に言うと、公式HPの記述に嘘は無いか、第三者機関の信頼できる評価があるかを徹底的に調査します。

ではグロスリンαはどうなのか、ですが残念ながら詐欺ともいえる内容が見られました。

下記をご覧ください。これはグロスリンαのバナーです。

グロスリンαの画像です。

このいかにも頭の良さそうな白衣のオジサマ。

Drオーコナー氏に注目してください。

このドクターオーコナー氏について徹底的に調べてみましたが、全く情報がヒットしません。

ところが思わぬところでオーコナー氏に遭遇します。

下記をご覧ください。

ドクターオーコナーはフリー素材の画像

オーコナー氏、フリー素材やん!しかも\1,100円で絶賛販売中。

これを見てどう思われますか。

私は、こんな宣伝方法を用いた販売会社がまともに販売を行っているはずが無いと判断しました。

その他にも公式HPでは色々な記述がされています。

「臨床試験により安全、品質にこだわる」「原料から製造過程まで徹底した品質チェック」「驚愕のリピート率 96.7%」その他色々・・・

一見、こだわって作っているように見えます。

しかしながら、これらを証明する具体的な記載は一切ありません。

例えば臨床試験ならばどんな試験を行ったか、品質管理であれば第三者機関の認定を受けているか、評価であれば調査機関の集計した結果であるか、といった内容です。

グロスリンαはこのような記載が一切ないので、上記のオーコナー詐欺事件と合わせて信頼できるペニス増大サプリではありませんね。

これらの理由から、グロスリンαの評価を1点としています。

【コスパ】

とりあえず上記の内容からグロスリンαのパフォーマンスは低いです。

コストについてですが、グロスリンαは1箱12,800円と高額な部類に入ります。

割引率も低く、2箱で3,000円、3箱で7,200円です。4箱買ってようやく1箱無料です。

これらの理由から、グロスリンαはコストパフォーマンスが低いと判断します。

故にグロスリンαのコスパを1点としています。

グロスリンαの評価できる点

ゼファルリンの良い点

①3種類の錠剤を一度に飲む、3-Typeを採用している。

グロスリンαの唯一評価できる点としては、成分を3種類の錠剤に分けた3-Typeを採用している点です。

イエロー、パープル、ホワイトのタブレットに分けており、一般的な1錠を複数飲むタイプよりも比較的多くの成分が摂取でき、効能が期待できます。

本当に天然成分だけの配合なのかと疑いたくなるようなカラフルな色は疑問ですが、この3-Typeを採用している点のみがグロスリンαを評価できる唯一の理由ですね。

しかしながらどのような成分が、どれくらい配合されているのかという点については未知ですので、やはり最終的にはグロスリンαを購入する決め手にはならないと思います。

グロスリンαの悪い点、気になる点

①成分量の記載が無い。

成分量の記載が無いのは残念です。

 最近では多くのペニス増大サプリが成分量を公開しています。

これは差別化を図る為、そして近年増加してきた詐欺サプリや粗悪品と区別する為、販売の実績に繋げるためには情報を公開し、また効果のあるペニス増大サプリを販売することでリピーターの獲得を行いたいというのがその理由だと思います。

これは私達ユーザーにとっては良い流れでありますが、企業側の立場で言うと成分量で他社の商品と比較されてしまう為、公開する為には一定量の成分を配合しなくてはいけません。

いずれにしても現在はそういう時世なわけですから、成分量が非公開であるという時点で土俵に上がれないわけですね。

販売者が信頼できれば良いのですが、グロスリンαは上記の信頼度の項目で書いた通りですので信頼に値するペニス増大サプリではありません。

②新聞や雑誌等の取材が殺到している訳ではない。

グロスリンαは新聞や雑誌等に多く紹介されており、広告費がかなりかかっていると想像できます。

どういうことかというと、公式HPにあるように取材が殺到している、という訳では無く、むしろ広告費を支払って新聞や雑誌の広告欄に掲載をしているという可能性が極めて高いです。

例えば広告欄以外で特集が組まれていれば、本当に取材が殺到している可能性はあります。

しかし、私が確認した限りグロスリンαの新聞や雑誌の掲載はお金を支払って掲載される広告欄にありました。

公式HPにはあたかも新聞や、雑誌から取材が殺到しているかのように記載されていますが、これらの理由からその可能性は極めて低いといえますね。

③価格が高く、返品保証も無い。

グロスリンαは価格が他のペニス増大サプリと比較してかなり高く、まとめ買いしても大きな割引はありません。

一方で最近他のペニス増大サプリで採用されている効果が無かった場合の返品保証制度もありません。

例えば割引率を重視して大量に購入し、そして効果が得られなかったときに泣き寝入りするしか無くなります。

もし製品力にある程度の自信があれば、そしてユーザーのことを第一に考えていれば、返品保証も採用できるかと思うのですが、グロスリンαには採用されていません。

価格が高い点も合わせて、これはマイナスポイントですね。

グロスリンは詐欺サプリである可能性が非常に高い!

グロスリンαは12年間に及ぶ研究、そして47か国、2,856種類ものペニス増大サプリを研究し尽くして作製されたペニス増大サプリという公式HPの強気な宣伝文句とは裏腹に、ふたを開けてみれば怪しい内容が目に付くペニス増大サプリです。

またこれらの内容について具体的に触れられた記載は無く、Dr,オーコナー氏をフリー素材を用いてあたかも医学博士によるお墨付きと詐欺ってしまっているあたり、まともに開発されているのかどうかが疑問に思えてきます。

さらに世の中の9割が粗悪品という強気な発言で、公式HPを見ているユーザーを一気に引き込んでいきますが客観的に評価していくと、グロスリンα自体が粗悪品では無いという根拠が全く無い残念な結果となります。

本当のところはわかりませんが、ペニス増大サプリは、怪しい物は試すべからず。

グロスリンαを購入するなら、別なペニス増大サプリをおすすめしたいというのが率直な私の思いです。

グロスリンαの公式HPはこちら。

 

その他のペニス増大サプリの評価記事一覧は ⇒ ペニス増大サプリ徹底評価リスト

徹底評価から選んだペニス増大サプリベスト3は ⇒ 最も効果の期待できるペニス増大サプリ3選

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 増大サプリデータベース

増大サプリ評価カテゴリの最新記事