ペニス増大サプリでペニスが大きくなるメカニズムとは?仕組みを徹底的に解説してみた。

ペニス増大サプリでペニスが大きくなるメカニズムとは?仕組みを徹底的に解説してみた。

ペニス増大サプリを飲むとなぜペニスが大きくなるのか!?

怪しいサプリを紹介する医者

ペニス増大サプリって効くの?

え?効く?なら一体何がどうなってペニスが大きくなるの!?

さて、今日はこの疑問にはっきりと答えていきましょう!

この記事を読んでくださっている皆さんは、上の疑問に対するハッキリとした回答を見たことありますか?

どんなサプリのHPを見ても、ペニス増大サプリがどのように効いて、どのように効果が出るのか、書いてないと思います。

それもそのはず、ペニス増大サプリはその名の通り、サプリメント(=健康食品)ですので、医薬品のように○○に効く!とか書いちゃならんのです。

簡単にいうと、サプリメントが具体的に○○に効くと、お客さんへハッキリと約束してはいけないと薬事法に定められていますので、法律違反、そしてそのサプリは販売を停止しなくてはいけなくなってしまいます。

そこで1つの疑問が出てきます。

「えっ?じゃあそもそも効果なんてある訳ないんじゃね?」

そう思うのも当たりまえ、至極自然な疑問でしょう。

少なくとも、この記事を読んでくださっている皆さんはこういった疑問を持たれているのではないでしょうか。

具体的に効果を明記出来ない故に、詐欺商品が蔓延し真実に触れることが出来なくなってしまったペニス増大サプリ業界。

この記事を読めばペニス増大サプリ市場で、何が真実で何が嘘か、見極めることが出来るようになります!

いきなり結論。ペニス増大サプリでペニスが大きくなるメカニズムはこれだ!!

ペニス増大サプリの錠剤です。

ペニス増大サプリでペニスが大きくなるのに最も寄与する効果はペニスの血流改善です。

これを説明する前に、まずはペニスが勃起するメカニズムを説明する必要があります。

勃起のメカニズムは藤田医科大学医学部医学部のホームページで下記のように説明されています。

陰茎において、勃起が始まるためには、神経、血管、心理的要因が折り重なり、相互に関与するメカニズムを必要とします。

勃起はまず性的刺激や大脳からの信号を得て、陰茎に行く神経が、ペニスの静脈(陰茎海綿体)の筋肉(平滑筋)を弛緩させることにより、血管が拡張して陰茎白膜といった組織の内側に、血液を陰茎海綿体内に一杯にためることにより勃起します。

したがって皆さんご存知の勃起不全(インポテンス)は大きく分けて血管や神経そして精神的に原因がある場合に起こるとされます。

その原因や疾患としては加齢や糖尿病、脊髄損傷や骨盤内手術等による神経・血管の障害が原因による身体的要因と、ストレスなどの心理的要因があります。

ときには内服薬の副作用のこともあります。

また内分泌のバランスの崩れなどが原因となりこともあります。

また男性のホルモンバランスが崩れることによって引き起こされる、更年期障害の一分症が、インポテンスを症状として現れることがあります。

 

※藤田医科大学 医学部 腎泌尿器外科学講座より引用。

参考リンク<http://info.fujita-hu.ac.jp/~urology/explain0601.html>

 

上記より、ペニスが勃起する為には「血液を陰茎海綿体内に一杯にためる」ことが必要不可欠です。

すなわちペニスに多くの血液を流し込むという現象が勃起には必要不可欠であり、これが不十分だとそもそもペニスを勃起させる血液が足りない為、中途半端な勃起となります。

例えば簡単にいえばペニスがフル勃起した状態を100%とした時、血液が60%であれば勃起も60%となり、それはつまり勃起時の大きさも60%になるということです。

必要な成分を配合した優良サプリは、血流改善を引き起こす成分を大量に配合しており、しっかりと100%の血液をペニスに流し込みましょう!という効果を狙っています。

勃起不全(ED)の有名な治療薬であるバイアグラは強制的にペニスに血液を流し込み、ペニスをフル勃起させるという効果があり、ペニス増大サプリも一見上記のように書くと同じように思えますが、違います。

まずバイアグラは医薬品成分を配合した強力な効果をもつ医薬品ですが、医薬品成分で強制的に血流増加を引き起こすため、身体に対する継続的な影響は得られず、薬品の効果が効いている時しか効果がありません。

一方ペニス増大サプリはサプリメント、すなわち法律上は健康食品に分類される為、医薬品ほどの強力な効果(即効性)は無い物の、一定の期間飲み続けることでゆっくりと少しずつ身体に影響し、要は体質を改善していくことを狙ったものです。

よって断言しますが、ペニス増大サプリは飲んですぐに効果は得られません。

「飲んですぐに明らかな違いが現れました!!」

などと口コミを掲載して消費者を煽るペニス増大サプリは非常に怪しく、危険です。

と、ここまで読んでいて気付いた方もいると思いますが、ペニスが既に100%フル勃起している人にはペニス増大サプリは効きません!

上記は短略的な結論になりますが、色々とグタグタ書くより言い切った方がシンプルでしょう。

要するに十分な血流が確保されており、既に100%の勃起ポテンシャルを常に発揮できている人には、ペニス増大サプリでこれ以上ペニスを大きくすることが出来ないということです。

ここにペニス増大サプリが効く人、効かない人の分かれ道があります。

ペニス増大サプリの血流改善効果はどのようにして起こるのか?

ペニス増大サプリのメカニズムを説明します。

ペニス増大サプリが血流改善効果により、ペニスが勃起した時、常に100%のポテンシャルを目指すことを狙ったサプリメントであるとここまで話しました。

それでは、ペニス増大サプリの血流改善効果はどのようにして起こるのでしょうか?

ここを理解することで、ペニス増大サプリに必要な成分という重要な点が見えてきます。

結論からいうと、ペニス増大サプリで最も重要な効果は「L-シトルリン」と「L-アルギニン」の2つのアミノ酸が引き起こす「オルチニン回路」によるNO生成です。

ちなみに「L-シトルリン」と「L-アルギニン」については下記の記事で詳しく説明していますので参考にして下さい。

 

さて、L-シトルリンとL-アルギニンの最も注目すべき効果ですが、この2つの物質は上記でも触れた通り、オルニチン回路と呼ばれる作用を起こします。

そしてこの回路の働きで、NO(一酸化窒素)が生成されることがわかり、当時までは排気ガス等の有害物質として認識されていたNOが、人体に有益に働くことが研究により明らかになりました。

この研究結果を発表したルイス・イグナロ博士らは、従来の概念にとらわれない画期的な発見が評価され、1998年にノーベル医学・生理学賞を受賞しています。

では、このオルニチン回路によるNO生成がペニス増大サプリとどう関係するのでしょうか?

それはNO(一酸化窒素)の血管拡張作用によって、結果としてペニスにより多くの血液を流し込み、これらを繰り返すことでペニスを少しずつ大きくしていく、というメカニズムをペニス増大サプリが狙っているからに他なりません。

ちなみにオルニチン回路を簡単にまとめると下記の図のようになります。

このようにL-シトルリンとL-アルギニンをたくさん摂取することでオルニチン回路を活性化させ、NO(一酸化窒素)をより多く発生、そして目的である血流改善(=ペニス増大)を達成することが期待できます。

ペニス増大サプリは商品によって様々な成分を配合していますが、基本となるのは上記のオルニチン回路を引き起こす、「L-シトルリン」「L-アルギニン」の成分の摂取になります。

よって「L-シトルリン」と「L-アルギニン」がどのくらい配合されているのか?という点は、ペニス増大サプリを選ぶ上で基本中の基本、必ず押さえるべき内容であると断言します。

ペニス増大サプリに期待できるもう1つの効果は勃起を妨げる心理的要因等の「勃起の間接障害の排除」

 

ペニス増大サプリの効果を説明していきます。

ペニス増大サプリが勃起に必要な血液をよりスムーズにペニスに運ぶ為の効果を狙った物であるということここまで説明しました。

これはペニスを大きくするのに物理的・直接的に必要不可欠な内容でありますが、ペニスを勃起させるためには神経や心理的要因の相互作用も必要です。

要するに「脳の性的刺激」とこの信号をペニスまで伝達する神経の作用がなくては、勃起はスタートしてくれません。

ここをサポートしていこう!というのもペニス増大サプリの狙いの1つです。(あくまでも優良ペニス増大サプリに限った話ですw)

上記で一度紹介しましたが、藤田医科大学 医学部 腎泌尿器外科学講座によれば

「陰茎において、勃起が始まるためには、神経、血管、心理的要因が折り重なり、相互に関与するメカニズムを必要とします。」

とあります。

すなわち、勃起には複雑ないくつもの要素が折り重なって発生する為、障害も多く発生し易いということです。

下記に勃起の障害について非常にわかり易い説明がありましたので引用します。

 

通常は性的刺激を受けると、神経を伝達して勃起の信号が送られ、陰茎海綿体に血液が流れ込み、膨張して硬くなる。

この状態が勃起だが、何らかの原因によって神経と血管の働きが妨げられるとEDが起きる。

原因としては、加齢のほか、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病や神経疾患、ストレスなど心理的・精神疾患的な要素、抗うつ剤や降圧剤などの薬剤、外傷や手術の影響などがあるとされている。

最近では、バランスの悪い食生活や肥満、運動不足、喫煙、休養不足など、生活習慣が深く関わっていることもわかってきた。

勃起に関する神経や血管などに器質的な障害がない心因性EDには、性行為への不安、パートナーとの緊張関係などが挙げられる。

また、うつ症状とEDは高い相関関係にあること、心的外傷ストレス障害(PTSD)によってED発生率が高まることも知られている。

※ドクターズ・ファイル 勃起不全(東京医科大学八王子医療センター 泌尿器科科長/講師 宍戸 俊英 先生)より引用

<参考URL> https://doctorsfile.jp/medication/293/

 

このように勃起は私達の健康、生活習慣に深くかかわっているのです。

ペニス増大サプリは健康食品であるからこそ、勃起に必要なこれらの障害を取り除く多くの有効成分が配合されています。

即効性があり強力な変化をもたらすものの継続的な影響を与えにくい医薬品と違い、日々摂取を続けることで少しずつ体質を変えていくといった効果はサプリメントだからこそ実現できるものなのです。

ペニス増大サプリは飲んですぐ効果を発揮することは100%あり得ませんが、日々摂取を続けることで少しずつジワジワと効果を発揮していきます。

「勃起の間接障害の排除」、これこそが医薬品と異なるペニス増大サプリの最大のメリットといえるでしょう。

 

ペニス増大サプリは必ず調査しましょう。

具体的に上げるのであれば、スタミナ増強効果のあるニンニクやローヤルゼリー、精子の量を増加させる亜鉛酵母、疲労回復、免疫力の向上、男性機能の強化等様々な効果を持ったトンカットアリ等々がこれにあたります。

ペニス増大サプリのコンセプトによって配合する成分は変わってきますが、上記の有効成分が含まれているかどうかは最低限確認した方が良いです。

そしてもし可能なら、それぞれのペニス増大サプリが特に配合に力をいれている成分を1つ1つ徹底的に調べるべきでしょう。

どんな成分がどれくらい配合されているのか。そしてその成分にはどんな効果があるのかを知る事。

当サイトでも何度も繰り返し書いていますが、これこそが効果があるペニス増大サプリを選ぶ上で絶対に必要な避けて通れないプロセスです。

従って、成分非公開のペニス増大サプリなど、その時点で購入の選択肢から外すべきです。(当たり前w)

どんなに素晴らしい口コミがあっても、テレビで紹介されていても、根拠の無いものに飛ぶ付くべからず!

医薬品で無いペニス増大サプリだからこそ、下調べはとても重要であり、必ず根拠のある購入を心掛けて下さい。

当然ながら当サイトでは成分を公開しているペニス増大サプリの中から、上記のようにしっかり調査し期待できるペニス増大サプリをピックアップしています。

個別の評価ページに成分の効能や効果についても触れていますので、気になる方は是非読んでみて下さいね。

■当サイトおすすめペニス増大サプリはこちら!

結論:ペニス増大サプリとは血流改善と勃起の障害となる原因を取り除き、勃起時に100%のポテンシャルを発揮させることで、勃起時のペニスを大きくすることを目的としたサプリメントである。

ペニス増大サプリのまとめです。

さてペニス増大サプリを飲むことで、なぜペニスが大きくなるかという点について理解いただけたでしょうか。

 

・血流改善を行い、ペニスに十分な血液が届くように体質を改善する。

・勃起の障害となっている要素を取り除き、勃起に間接的に影響を与える成分を摂取させ、勃起時100%のポテンシャルを達成させる。

 

上記故に、既に勃起の際に100%の勃起率を達成している人にはペニス増大サプリで効果は得られにくいでしょう。

逆に、ペニス増大サプリを飲んで最も効果を感じやすい人は、血流や体質、心理的要因により、勃起が100%のポテンシャルが得られていない人といえます。

ペニス増大サプリを飲んで通常時のペニスが大きくなる みたいなことはあり得ません。

なぜなら、サプリを飲んでペニスがニョキニョキ伸びて大きくなる!なんてことは絶対にありえませんので!

医薬品では無いので即効性が無い故に、様々な詐欺商品が平然と売られていますが、成分の種類と成分量をしっかり確認していけば真実が見えるはずです。

それではまた別の記事で!

ペニス増大サプリの評価記事一覧は ⇒ ペニス増大サプリ徹底評価リスト

徹底評価から選んだペニス増大サプリベスト3は ⇒ 最も効果の期待できるペニス増大サプリ3選

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021 増大サプリデータベース

増大サプリとは?詐欺の真実やメカニズムなどカテゴリの最新記事